夢だった行政書士の資格を取る方法を伝授!

ウーマン

身近な法律の専門家になる

行政書士は、書類作成のプロであると同時に法律・行政手続きに関する専門家として、高く評価されています。資格を取得するには国家試験に合格する必要がありますが、かなりの難関であるため、資格スクールに通うなどして効率的な学習を行うのが合格のための早道となります。

私達の身近にいる法律家

行政に提出する法律関係の書類を、私達に代わり作成してくれるのが「行政書士」です。合格率も低い難関と言える国家資格ですが、合格の暁には独立開業も夢ではありません。資格スクールや通信講座を利用して合格を目指しましょう。

文書作成の専門家になる

スーツの人

一般企業も注目する

行政書士はいわゆる独立開業系の国家資格の1つに数えられていますが、取得しておけば就職・転職の際にも有利だとされています。というのも、社員に行政書士の資格取得を奨励している企業はかなりの数に上るからです。取得が歓迎される資格として行政書士が選ばれているのは、この資格が行政手続きや民間の商取引等に関する幅広い専門知識の持ち主であることの証しとなるからです。開業者としての行政書士は、官公署に提出する申請書や届書、個人や法人の権利義務に関する契約書や協議書、事実証明に関する図面や帳簿類などの作成を主たる業とします。これらの文書は、関連する法律や規則等に知悉していないと作成することができません。行政書士の持つ専門知識は、企業の総務や法務部門などでも十分に生かすことができるのです。行政書士試験は毎年11月に行われ、受験者数は4〜6万人に上ります。合格率はここ10年ほどは10パーセント前後で、6パーセント台の年もあるなどかなりの難関となっています。合格を目指すなら、時間をかけてしっかりと準備する必要があります。受験者数が多いだけあって、行政書士試験用のテキストは非常に多くの種類が出版されています。また、専門学校の通学講座や、通信講座も充実しています。受験資格に制限はないので、学生・社会人・専業主婦・リタイアした人など誰でも挑戦できます。自らの好みや生活サイクルに合った勉強方法で合格を目指すことが可能です。

近年人気の士業です

近年人気のある資格である行政書士ですが、試験免除の資格のある方以外は難関の試験に合格する必要があります。その際は通学して学ぶか通信講座で学ぶか、それとも完全な独学でいくのかで大きく分かれますので、自身に一番合った方法を選ぶといいでしょう。