夢だった行政書士の資格を取る方法を伝授!

男女

私達の身近にいる法律家

男性

独立開業も夢ではない

自分の知識を生かし人の役に立つ仕事をしたいなら、国家資格である「行政書士」の資格を取得しませんか。行政書士は行政書類の専門家。主に役所へ提出する許認可申請などの書類作成と手続きの代理を行うのが仕事です。同じ法律関係の資格である「司法書士」は、裁判所や検察庁などへの書類を作成する登記の専門家ですが、「行政書士」は私達の生活に密着した「街の法律家」と言えます。遺言や相続などの身近な問題の解決にも力を貸してくれるのです。国家資格である行政書士は医師などと同じ業務独占資格で、資格を持っていないと業務を行う事は出来ません。その為独立する人も多く、個人事務所を開業した場合の年収は500万円前後と言えるでしょう。行政書士を目指す人の中には社会人も多く含まれます。転職やキャリアアップを目指したい人が勉強を始めているようです。行政書士の国家資格試験には受験資格はありませんから、誰でも年に一回、11月に行われる試験を受験する事が可能です。独学で勉強をする人もいますが、試験の合格率は3〜10%と難関な道。過去問題や法律の暗記に頼るだけでは合格は難しいと言えます。その為にも資格スクールや通信講座を利用する方がベストでしょう。また法学部で勉強中の大学生の場合は、自分の学校に講座があれば活用するようにしましょう。行政書士が胸に付けるバッジは、コスモスと「行」の文字がデザインされています。これは調和と真心を表したもの。行政書士は国民と行政をつなぐ法律の専門家なのです。