夢だった行政書士の資格を取る方法を伝授!

男女

身近な法律の専門家になる

婦人

就職・転職にも有利

行政書士は、かつては「代書屋さん」という愛称とともに文書の作成代行業として親しまれていましたが、現在では法律や行政手続きに関する身近な相談相手としても評価されるようになっています。行政書士は官公署に提出する書類や権利義務に関する書類、事実証明に関する書類の作成を主たる業とする専門家です。それぞれの書類の根拠となる関係法令等に通じていなければ務まらないことから、有資格者は専門知識の持ち主として重用されます。就職・転職などにも強い資格だと言われています。行政書士試験の合格率は毎年10パーセント前後で推移しており、かなりの難関であると言えます。合格を目指すには、専門学校や資格スクールなどの受験対策講座を受講し、しっかり準備をする必要があります。行政書士は人気の高い資格なので、テキストや問題集もたくさん出版されています。そのため、まったくの独学で試験に挑戦することも不可能ではありません。ただ、行政書士が取り扱う書類は一説によると1万種類を超えるとも言われており、非常に幅広い知識が必要になります。そのため、試験の出題範囲も多岐にわたります。限られた勉強時間の中で合格を目指すには、過去の出題傾向等に基づいた重点的な学習が重要です。実績のあるスクールで学べば、豊富なデータを活用した効率的なカリキュラムのもとで勉強ができるというメリットがあります。また、こうしたスクールの中には模擬試験を実施しているところが少なくありません。積極的に活用すれば、自分の知識達成度を知る格好の目安となります。