夢だった行政書士の資格を取る方法を伝授!

男女

近年人気の士業です

勉強

無理のない取得方法を

行政書士は役所などの公的機関に提出する書類や遺言書を作成することを主な仕事としている士業で、現在は非常に人気のある資格と言っていいでしょう。基本的に国家試験に合格する必要がありますが、弁護士や税理士、公認会計士など他のいくつかの士業の資格を持っている人や、公務員として二十年以上勤めた人など、試験を免除されて行政書士になることも可能です。上記のような条件を満たさない方は、毎年十一月に行われる試験を受けて行政書士を目指すことになりますが、独立しやすく就職にも有利と言われている人気資格である故に、その試験は難関で合格者は多くても全体の一割程度となっています。ではこの難関資格取得のためには、どんな方法で試験勉強をすることが良いのでしょうか。まず一つ目は各種資格学校に通学しながら取得を目指す方法です。通学や通勤の道すがらに資格学校があるなど環境が整っていれば、しっかりと集中して学べるので非常に便利になります。しかし一方で時間的、また地理的な問題で通学が不可能な方も沢山いるかと思います。その場合は自宅での学習になりますが、その中でも時間が掛かることを承知で最低限の教材を使用して独学をするか、また通信講座や通信教育を利用するかに分かれます。どの学習方法が正解ということはありませんので、自身のこれからの人生設計や金銭の事情などを総合的に考えてみて、最良と思われる手段を選ぶことが行政書士の資格取得には大切になると思います。